本文へスキップ

久留米市の鐘ヶ江・花田法律事務所(弁護士事務所)です。

ご予約・お問合わせは電話 0942-31-1771

受付時間 9:00〜17:30


医療観察事件・・・担当弁護士 鐘ヶ江

殺人,放火等の一定の重大事件を起こしてしまった人が,その事件当時に精神疾患により善悪の判断能力に問題があるという理由で,現実に処罰を受けないこととなった場合,検察官は原則として医療観察法による処遇をするための審判申立をし,この審判においては,医療観察法による処遇とするのか,入院とするか,通院とするかを審理することになります。
 このような医療観察事件は,刑事手続を経ることから,刑事事件の延長線上にあるものですが,事件の内容において精神科医療に関する知識を要するため,比較的専門性が高い特殊な事件といえます。
 また,審判で入院や通院の処遇になった後の場面でも弁護士のアドバイスやアシストを必要とする場面があります。特に以下の任意的付添事件は付添人(弁護士)が付けられないのが通常ですので,「退院したい」,「早く医療観察の医療を終了したい」,「再入院になりそうだ」といった場合には,相談をお勧めします。

 ・ 当初審判(必要的付添事件〜弁護士が必ず付けられる事件)
   刑事事件を経た後の最初に行われ,対象行為の有無や処遇を決める最も重要な審判


 ・ 
入院継続確認の審判任意的付添事件)
   医療観察法に基づく入院を継続してよいかどうかを決める審判

 ・ 
退院許可の審判(任意的付添事件)
   医療観察入院機関から退院してよいかどうかを決める審判
   (退院が認められる場合は通院又は処遇終了)

 ・ 
再入院の審判(任意的付添事件)
   通院処遇を受けている人について,病状の悪化等によって,再入院をするかどうかを
   決める審判

 ・ 
通院期間の延長の審判(任意的付添事件)
   通院処遇を受けている場合に定められた通院期間(3年間)を超えて2年を限度に通院を
   延長してよいかどうかを定める審判

 ・ 
処遇終了審判(任意的付添事件)
   入通院処遇を受けている場合に医療観察法の医療を終了するかどうかを決める審判

 ・ 
抗告事件
   上記各審判の結果に不服がある場合に高等裁判所に不服申立をする事件
   (当初審判の場合は必要的付添事件。その他は任意的付添事件)

 当事務所(担当弁護士鐘ヶ江)は精神医療に関わる分野の事件を多数取り扱っていますので,医療観察事件(その他精神疾患が関連する事件)についてのご相談のある方はお電話下さい。

 


バナースペース

鐘ヶ江・花田法律事務所

〒830-0023
福岡県久留米市中央町35-18 
エムコムビル3階

TEL 0942-31-1771
FAX 0942-31-1774
受付時間 9:00〜17:30(月〜金)