本文へスキップ

久留米市の鐘ヶ江・花田法律事務所(弁護士事務所)です。

ご予約・お問合わせは電話 0942-31-1771

受付時間 9:00〜17:30


 個人再生(住宅資金特別条項)・・・担当弁護士 鐘ヶ江,花田


夢のマイホーム。十分な資金があればともかく,30年〜35年の長期の住宅ローンを利用して購入することが通常です。
資金計画を練って購入しているはずですが,人生には色々な思わぬ出来事が起こります。
病気,事故,給料ダウン,ボーナスカット…etc
このような出来事に対処できるように備えておきたいものですが,不意の出来事に対処できずに,住宅ローンを滞納し,又はその危機にさらされることになります。
特別の好転事情又はその見込みなく,そのような事態を放置すると,事態はますます悪化し,遂には夢のマイホームを失うことになります。特に延滞が長期化している場合は,たとえ弁護士が介入してもマイホームを維持できないことにもなります。したがって,住宅ローンを滞納し,又はその危機にさらされそうな場合は,できるだけ早く,弁護士に相談することをお勧めします。
 


【住宅資金特別条項付民事再生(個人再生)手続】
全債務の支払いを継続的に行っていくことが不能となった場合,破産を検討する場合も出てきます。しかし,破産の場合は,原則としてマイホームを失うことになります。
もっとも,マイホームは生活の基盤ですから,これを維持できればそれに越したことはありません。
そこで,マイホームを手元に残したままで,債務を整理することを検討することになります。
その場合に考えられる手続が,住宅資金特別条項付の個人再生手続です。この手続は住宅ローン債務については特別な定めで支払うこととし,その他の債務を圧縮して分割払いをすることができるようにする制度です。この制度を適用できる要件を満たせば,マイホームを失うことなく,債務整理ができます。

ただし,住宅資金特別条項付個人再生手続は,適用できる要件が複雑で,難易度も高いので,手続のことを知っている弁護士に依頼することが不可欠な手続だといえます。
当事務所においては,住宅資金特別条項付個人再生手続を積極的にお受けしていますので,住宅ローンの延滞の問題がある方は,早めにご相談下さい。
 
債務が多く「支払がきつい」とお考えの方でマイホームを残したいという方は一刻でも早く,法律相談にお越し下さい。
 
当事務所では,住宅資金特別条項付個人再生を手がけた経験を基に,あなたのご希望にできるだけ沿ったよりよい解決方法を提示します。
※費用はこちらをご覧下さい。

初回のご相談は
無料です。まずは,お気軽にお電話を!
TEL:0942-31-1771                 
         

   
倒産・債務整理

バナースペース

鐘ヶ江・花田法律事務所

〒830-0023
福岡県久留米市中央町35-18 
エムコムビル3階

TEL 0942-31-1771
FAX 0942-31-1774
受付時間 9:00〜17:30(月〜金)